お歳暮の時期はいつまで?間に合わなかったらどうする?


夏美
春菜先輩!お歳暮を贈る時期っていつごろまででしたっけ?

春菜
あ〜。だいたい年末頃かな。

夏美
年末ギリギリでも大丈夫なのでしょうか?

春菜
それなら、kenta氏に聞いてみよう!


こんにちは。このサイトの管理人のkenta氏です。
自分に「氏」をつけるなという声が聞こえてきそうですが、ご愛嬌ということでお願いします^^

好きな雑学を分かりやすく説明することで、お役に立てることができたらと思いこのサイトを立ち上げました。

春菜さんから「kenta氏に聞いてみよう!」とご指名を受けましたが、「氏」と呼ばれるにふさわしいサイトを目指しますので、宜しければお付き合いください^^



Sponsored Link


小学生の頃、家に贈られているお歳暮が楽しみで特にハムがあると喜んでいた管理人。そのままで食べられますし、マヨネーズをつけるとさらに美味。学校から帰って夕飯までの空腹をしのいでいたな〜。と懐かしく思います。

そんなお歳暮の疑問。贈る時期はいつから?いつまで?間に合わなかったら?といざ聞かれると言葉に詰まります。



そこで、この疑問に答えられるようにリサーチしました。

お歳暮を贈る時期って、年末の忙しい時期になるからうっかり忘れてしまうこともありがちですよね。夏美さんの疑問のように、年末ギリギリでも失礼にならないか?ということも気になってしまいますね。

それでは、下記の項目について解説していきます。


お歳暮を贈る時の疑問
  1. お歳暮を贈る時期はいつまでが適切?
  2. 間に合わなかった場合はどうする?
  3. 発送する場合は送り状を送る

1.お歳暮を贈る時期はいつまでが適切?

地域によって関東と関西で少々異なるということを聞いたことがあるかもしれません。では一体、いつお歳暮を贈るタイミングがベストなのか?ということになりますが、

ズバリ

12月13日〜20日までに先方へ到着すると好印象!



このタイミングに贈れると理想的です。



12月13日にどんな意味あるの?って思いますよね。

12月13日は、「正月事始め」と言って正月の準備を始める習慣が昔からありました。
一年の汚れを掃除する煤払い(すすはらい)をしたり、門松に使う松の木や正月料理の調理に必要な薪を山へ採りに行くなど、大吉日の12月13日は、正月の年神様を迎える日としてふさわしかったのです。



ですが、年末の時期は何かとやらなければならないことも多く、忙しさにかまけてうっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。

このタイミング以外はダメということではないので安心してください。

ちなみに、
  • 関東地方では、12月1日〜31日まで
  • 関西地方では、12月13日〜31日まで
と言われています。

それが、最近では11月末頃から贈る風潮へと変化してきているので、11月末〜12月31日までの間の約1ヶ月間あるので余裕をもってお歳暮を贈りましょう!


お歳暮

2.間に合わなかった場合はどうする?

どうしても年内に間に合わなかった場合は、
  • お年賀
  • 寒中お見舞い
で贈りましょう!


お年賀

新年の挨拶の贈り物であるお年賀として贈ります。
基本は、直接先方へ出向いて手渡しするのがしきたりです。手渡しではなく発送する場合は、「4.発送する場合は送り状を送る」をご覧ください。


関東地方

1月7日(松の内)までにお年賀として贈る


関西地方

1月15日までにお年賀として贈る



関東地方と関西地方では若干期間に違いがあるようです。ご自身の地域のタイミングに合わせてお年賀のご挨拶をしてみてください。




寒中お見舞い

寒中とは、小寒(1月5日頃)から立春前日である節分(2月3日)までの約1ヶ月間を指し、寒の内と言います。この寒さの厳しい期間の贈り物が寒中お見舞いです。年賀状の代わりに出す挨拶状の場合もあります。

1年で最も寒いこの時期は、風邪やインフルエンザが流行る時期。相手の体を気遣う昔から続いている習慣です。


1月7日の松の内を過ぎた場合

関東地方は1月8日〜2月3日(節分)までに寒中お見舞いとして贈る

関西地方は1月16日〜2月3日(節分)までに寒中お見舞いとして贈る



お年賀と同様に、ご自身の地域のタイミングに合わせて寒中御見舞いのご挨拶をしてみてください。

Sponsored Link



3.発送する場合は送り状を送る

本来お歳暮は、直接先方に出向いて渡すのがしきたりですが、相手が遠方で直接出向くことが困難な場合は、品物の発送後、贈り物の内容や発送した日付を先方へ知らせる送り状を忘れないようにしましょう。送り状も届くと心配りを感じていただけて好印象になります。



送り状の内容は
  • 頭語(拝啓・拝呈など)
  • 時候の挨拶(師走の候など)
  • お世話になっていることに対する感謝の言葉
  • 先方の体を気遣う言葉
  • 贈り物の内容と発送した日付
  • 結語(敬具・敬白など)
これらの項目を記載します。お歳暮は相手への感謝の気持ちと健康を気遣うためのものですので、贈る相手への気持ちを自分の言葉で表現するのが一番伝わると思います。


送り状文例
送り状

まとめ

記事を振り返ってみましょう!今回の記事のまとめです。


今回の記事のおさらい

・お歳暮を贈るベストタイミング
12月13日〜20日までに贈ると理想的
でも、近年では11月末〜12月31日までの約1ヶ月間に贈る風潮へ変化している

・年内に間に合わなかったら
お年賀or寒中お見舞いで贈る

・発送する場合は送り状を送る
送り状は発送したことを知らせる役割



お歳暮を形式のようにしていると気づきませんが、相手のことを気遣う風習が現代まで続いているって素敵ですね。我々日本人の思いやりの心が、先人からずっと受け継がれてきたと思うと心が温かい気持ちになります。後世にも継承したいものです。



Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする